沿革

東亜林業のあゆみ

東亜グループのあゆみ

昭和31年8月 福山市港町一丁目152番地に木材品の生産、販売、製材業を営業目的に東亜林業株式会社(資本金350万円)を設立。社長に小畑隆義就任
昭和37年9月 製箸工場を新設、割箸の製造、販売を開始
昭和41年5月 東亜林業(株)、福山市三吉町220番地へ本社・製材工場・製箸工場を新築移転、新拠点とする
昭和44年2月 福山市木之庄町372番地に株式会社福山原木市場(資本金1400万円)を設立
昭和44年5月 東亜箸産業株式会社(資本金1000万円、三光木材(株)割箸部門分離)を設立。笠岡第2工場、山口工場新設
昭和44年12月 東亜林業(株)、三光木材(株)(資本金1200万円)を合併、資本金4800万円となる
昭和46年7月 東亜箸産業(株)北海道十勝工場で割箸生産を開始
昭和46年8月 (株)福山原木市場、福山市西新涯町二丁目21-50に本店移転
昭和47年7月 東亜箸産業(株)北海道大樹工場で割箸生産を開始
昭和48年9月 東亜株式会社(資本金2000万円)を設立、保険代理店業務を開始
昭和48年9月 東亜産業株式会社(資本金2000万円)を設立、建築用資材全般の販売を開始
昭和50年6月 東亜箸販売株式会社(資本金4800万円)を設立
昭和51年8月 北海道東亜箸株式会社(資本金800万円)を設立、足寄工場で割箸生産を開始
昭和51年12月 東亜箸販売(株)、東京営業所を開設
昭和51年12月 三陽製箸有限会社(資本金720万円)を設立、北海道士別工場で割箸生産を開始
昭和52年6月 三陽製箸(有)北海道和寒工場で割箸生産を開始
昭和52年9月 東亜林業(株)製材事業部、福山市南松永町に第1工場を新設し三吉町の製材工場を閉鎖
昭和55年7月 中華人民共和国吉林省敦化に割箸工場建設、現地生産を開始
昭和57年6月 中華人民共和国黒竜江省孫呉に割箸工場を建設
昭和57年6月 中華人民共和国黒竜江省八五三農場に割箸工場を建設
昭和58年2月 東亜(株)フォークリフト事業部、福山市曙町に福山整備工場を新設、フォークリフト販売・修理を開始
昭和58年11月 摩周東亜箸有限会社(資本金1000万円)を設立、弟子屈工場で割箸生産を開始
昭和59年8月 北海道東亜箸(株)生田原工場で割箸生産を開始
昭和59年10月 東亜(株)フォークリフト事業部、福山市南松永町に松永整備工場を新設
昭和60年9月 東亜林業(株)社長に小畑智嗣就任、会長に小畑隆義就任
昭和61年5月 東亜箸産業(株)、笠岡第1工場を閉鎖、生産を中国へ移管
昭和61年8月 東亜林業(株)製材事業部、製材第2工場を新設、2工場体制とする
平成2年5月 北海道東亜箸(株)、足寄工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成3年5月 摩周東亜箸(有)、弟子屈工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成3年5月 北海道東亜箸(株)、生田原工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成3年8月 東亜箸産業(株)、北海道大樹工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成3年8月 三陽製箸(有)、北海道士別工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成3年12月 (株)福山原木市場を閉鎖
平成4年1月 東亜箸産業(株)、北海道十勝工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成6年4月 東亜株式会社、三陽製箸(有)及び摩周東亜箸(有)を合併
平成8年4月 東亜トレーディング(株)、中国大連市に大連東豊箸業有限公司(合弁会社)を設立
平成8年6月 東亜箸産業(株)、笠岡第2工場を閉鎖、生産を中国へ移管
平成9年7月 福山市南松永町に東亜グループ本社ビルを新築移転、全社の本店を移転
平成9年11月 東亜林業(株)製材事業部、製材第3工場を新設、3工場体制とする
平成10年12月 東亜株式会社、東亜箸産業(株)を合併
平成12年2月 東亜林業(株)製材事業部、木材乾燥機を設置、乾燥材事業に進出
平成13年1月 東亜箸販売(株)南松永町の東亜箸販売(株)用地に乾燥第1工場を新設、乾燥材の本格生産を開始。東亜林業(株)ナチュラルドライ事業部を発足
平成13年7月 東亜林業(株)ナチュラルドライ事業部、南松永町に乾燥第2工場を新設
平成16年10月 東亜林業(株)ナチュラルドライ事業部、松永町に乾燥第3工場を新設
平成17年4月 東亜林業株式会社、東亜トレーディング(株)を合併
平成17年10月 東亜林業(株)製材事業部、製材第2工場内の生産ラインを一新
平成18年4月 東亜林業(株)ナチュラルドライ事業部、乾燥第2工場内に乾燥小割ライン増強
平成18年4月 東亜林業株式会社、東亜産業(株)を合併し、製販一社体制とする
平成19年10月 東亜林業(株)製材事業部、製材第5工場を増設
平成20年8月 東亜林業(株)ナチュラルドライ事業部、木材乾燥用にバイオマスボイラー設備を導入
平成22年1月 東亜株式会社、東亜林業(株)を合併し、東亜林業(株)に商号を変更
平成22年5月 東亜林業(株)、製材第1工場の生産ラインを更新し、全製材工場の最新設備への移行を完了
平成22年8月 東亜林業(株)ナチュラルドライ事業部、乾燥小割生産ラインを第5工場へ移設
平成24年8月 東亜林業(株)、関東営業所(栃木県佐野市)を開設
平成25年1月 東亜フォークリフト(株)、業容拡大のため、福山市柳津町にサービスセンターを移設
平成25年6月 東亜林業(株)社長に小畑雅義就任

気になるシリーズ

資料

ページ上部へ戻る