東亜ナチュラルドライ

丈夫な家を建てて頂くために
私たちは天然乾燥にこだわります

強い家には、強い構造材が不可欠です。構造材は現在、国内や海外の様々な種類の木を「人工乾燥」「集成」などの加工を施し、広く利用しています。東亜林業ではお客様に、より強い家を建てて頂くために「ベイマツ(米松)」の無垢材にこだわりを持ち生産しております。東亜ナチュラルドライは自然の力に勝るものはない!の信条のもと、「天然乾燥」にこだわり、日々より良いものを作る為に研究・実験・技術開発にとりくんでおります。

東亜ナチュラルドライ|商標登録第5018450号

日本屈指の木材輸入港である松永湾の背後地に、約71,000m²の広大な敷地を確保して、米松製材から乾燥加工までの一環した最新鋭の機械設備を配し、米松天然乾燥構造材:商品名「東亜ナチュラルドライ」を生産し、今日では生産量全国1位を誇ります。

『表面割れ』は天然乾燥の証

昔ながらの天然乾燥は、風通しのよい場所で桟積みして木材を乾燥させます。自然の力に委ねるので長い時間を要します。『表面割れ』が起こりますが、強度には影響がありません。色艶・香りがよく、木本来の美しさがあります。

原材料はベイマツ(米松)

アメリカ北西部のワシントン州より購入しているベイマツは、四国程もある広大な私有地において、植林・育林・伐採が50年サイクルで計画されている再生可能な資源です。アメリカの伐採業者は国際森林認証を取得しており、計画して森林伐採をしているということを国際的に認められております。また、東亜林業は社団法人広島県木材組合連合会より合法木材供給事業者認定工場として認定をうけております。

入数表

製品入数表をご覧下さい。

気になるシリーズ

資料

採用情報

ページ上部へ戻る